FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

エンティティ
  今回はセミナーの内容に少しふれてみたいと思います。

ハンス・テンダム博士のセミナー中、グループセッションで自分の心に住み込んでいるエンティティ(憑依者)を探すというものがありました。


セミナー仲間の皆さんのほとんどの心の中は、いかにもエンティティの雰囲気が満ち満ちて存在していました。
それは、隠れているとか、はっきりとは見えないとか、表情が怖かったりと、不安や恐怖を感じさせる存在です。

そして、面白いことに数えきれないほどのエンティティが住んでいる場合が多いのにも驚きます。

しかし、私の中には暖炉で部屋を暖めて私の帰りを待っていてくれる、中世の美しいドレスを着た一人の女性が住んでいて、堂々とにこやかに私を迎え入れるのでした。
その存在がいてくれて嬉しいと感じて、それに支えられているという感覚さえ覚えるのです。

その存在よりも、その心の家の持ち主である私のほうが小さくなって「すみません、暖炉にあたらせてね。」という具合で居ます。

そう感じているうちに、そこから最後まで、私は眠りについてしまいました。

ハンス先生は、「アキコはこの存在に眠りなさいと言われて、眠らされたのだ。」ということでした。


 このセッションで分かることは、私たちの心は、過去世や今に生きている存在、それも自分には属さない多くの存在を内在させているということを物語っています。

そして、これらの存在の影響で私たちは生きています。


  では、チョット試してみましょう。
あなたご自身の心が一つの家だということをイメージしてみてください。
その心の家に自分以外の存在が住んでいます。
その存在は何人くらいでしょうか?人の形をしていないかもしれませんよ。

そして、それは隠れているかもしれませんし、にらみつけているかもしれません。
凍りついた状態であったり、無表情であったりと様々です。

又は私のように、その存在と共にいることが心地が良くて、依存さえしているかもしれません。
この場合、あまり悪さをしないので急を要することではないとのことです。

さて、どんな様子でその存在は居て、あなたはどんな気分でその家にいますか?

ハンス先生は「いかなる存在であろうとも、自分の心に入り込んだ存在は出て行ってもらうべきである。」と言います。

私たちは他の存在のエネルギーの影響に気付かずにいるかもしれません。
でも、なんとなく気付いているものです。
心の部屋が他の存在の影響で居心地が悪くて落ち着かなかったり、寒々としていたり、不安になったりして・・・、どうも心地が良くないなぁ~とね。


このように、とても興味深いセッションを体験しました。109_0924.jpg







スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.