FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

前世体験
明日は冬至ですね。

今日はホームページを新しくし、新たな気持ちでいます。

1451508783674.jpg


 

今回は、私の前世体験をシェアさせていただきたいと思います。

テーマは【孤独の恐怖】でした。


  ヨーロッパの片田舎で 

  山の上の一軒家(テレビでこんな番組がありましたね)に住んでいる

  25歳の女性でした。

  父母と3人で暮らしているのですが

  降り立った場面には父母が居ない 家の中でした

  
  とても寂しくて悲しくて 身がちぎれそうに不安です

  
  何があったの?


  時間をさかのぼって行くと

  下界の町では 伝染病が蔓延していて

  次々と亡くなっていく方が増えていくという事態になっていて

  医療に携わっている父母も

  人々を助ける為に町へと行きました


  父母が家を出る時

  娘には決して町に近づいてはならないと言い聞かせ

  そのまま 父母は伝染病に感染して亡くなってしまいました



  ずっと娘は父母の帰りを待ちながら

  不安と孤独の中

  何度も町へ行こうと試みながら

  やはり家に留まって

  長い間 待ち続けている内に

  衰弱していき  死んでしまったのでした。
  
20170627_173743.jpg




25歳まで何不自由なく

父母の愛に包まれて 幸せに暮らしてきました。

しかし、25歳の時に父母はかえらぬ人となり

女性は不幸のどん底におちいりました


 この人生で思ったことは
 
 人生はいつ何時何が起こるか分からない

 大きな幸せだった分 大きな不幸が来る
 
 だから安心してはいけない

という思い込みを作ったのでした。

その後、中間世という魂の安らげる場所で

ハイアーセルフという自分の奥深くにある存在と対話した時

ハイアーセルフに

   【おまえは 父母の愛を知り
   
   温かい父母に充分依存できた

   それも愛を育んだということだ

   しかし これからは外からの愛ではなく

   おまえ自らの愛に本気で気付いて

   自分の愛を育て

   愛そのものの自分に戻っていくこと

   それが お前の使命だ】

と言われました


前世での 人生はいつ何時何が起こるか分からない

という恐れの思い込みを手放し

孤独の恐怖で死んでいった自分は

愛を満たしてくれた父母に感謝しつつ

自分の愛を育んでいこう

   自分の愛で生きて行こうと決めました

あらたな世界へジャンプします


20161017_104459.jpg
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.