FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

手元を見るということ
10月28日に白内障の手術を受け

二度目のもう片方の白内障の手術を受けたのが11月4日でした

ついでに眼内レンズを入れていただいたので

遠くは眼鏡なしで見えるのですが

今まで見えていた手の指やパソコン画面が見えにくくなり

手元が良く見えなくて不自由になりました

何事も完璧に行かない・・・って思います

それが私のパターンで

どこかにデメリットがあることで安心するのだと思います

思い通りです

20161010_173147.jpg


でも、私にとって新たな幕開けとなりました

眼鏡なしの人生がやって来たのです

手元を見る時だけ眼鏡を使えばいいわけですから

手元が見えない・・・見落としている目の前のことに気を配りながら

世界をちゃんと見ていこうと思います

2016-08-19 18 11 52


今まで

本当に身近なことを見落としていました

相手という身近な人たちが感じることに気付けなかった

意地で見ないようにしていた

そんな自分を観たのでした



意固地になっている相手は自分だと気付いたら

ただ見て欲しい、認めてほしいと叫んでいただけだったのです

それで

心から「ありがとうね~」という思いで

母を見てくれている兄夫婦を感じ

夫の親類縁者に対して感じ

夫の母親にも感じて

表現してみました



何ということはない

ちゃんと素直に表現してみたら

相手は自分ですから

温かく思いやりのある表現で返ってきました

夫の母親から初めて聞く言葉

「晶子さんと結婚できて 息子は幸せだったよ

それが息子にとっては最高の人生になった。」と・・・

耳を疑う言葉ですが

私が自分を認めていなかっただけで

本当の義母のことなんて見ていなかったのですね

この世界は

本当は完璧に出来ているんだと

そう思いました
スポンサーサイト



Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.