FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

HP終了のお知らせ
立秋を過ぎましたが、まだまだ暑い日々が続いていますね。

愛猫プル君を亡くしてから3週間近くなりましたが、

プル君に会えない寂しさはどうしてもぬぐいされない日々です。



今は、神戸のセミナーに月に何度か通い始めました。

芦屋に住んでいる娘達と共に過ごせるようになって、

新たな流れを感じています。


この度、フローライトのHPを閉じまして

この流れに専念しようと決めました。


今までたくさんの方との出会いがあり

ご縁があったことに心から感謝をしております。

長い間、本当にお世話になりました。



このブログは引き続き書かせていただきます。

学びの中で気づいたこと

お伝えしたいことを掲載させていただきます。


今後とも

どうぞ宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト




命  だきしめて
愛猫プル君が寝たきりになって、介護が続いていました。


「プル君、お出かけしてくるね。」

用事の為に、どうしても出かけねばならず、

2時間の留守を頼んで出かけました。



帰宅後、プル君に駆け寄って、

「プル君!」

と声をかけた。


ピクッ と動いて顔を上げ、足を動かした。

アア、待っててくれたね・・・・・。

プル君の胸とお腹に顔を寄せて、

よしよしと頬ずりしながら

プル君の息を聞いていた。

そして、まもなく聞こえなくなった・・・・・?

命?

プル君の命の残り火を抱きしめるように

その温もりに身を寄せていた。

大切な大切な命の残り火が消えてもなお

命を惜しんで・・・・・。



そして、

息が出来ないほど泣いた。

心が壊れるくらい泣いた。

胸も咽喉も張り裂けそうになって・・・・・。


プッツンと脱力してしまった。

そしてまた泣いて。



やっと三日目になりますが

目は腫れたままで、

思い出すと

寂しさと悲しみで

胸が張り裂けそうになります。



当たり前だったプル君との日常が

当たり前ではなくなったと気づいた今

全てが恵みと愛おしさに包まれて思い出されます。


プル君との関係は、

エゴのない純粋な関係だったということを

しみじみと感じています。



プル君は媚びることも つくることもなく

私に接してくれていました。

私もそのままの自分を表現して

ただニコニコしていました。



今はただただプル君に

ありがとう。

プル君、愛しているよ。



時々、愛猫プル君を話題にしてまいりましたので、

皆様にもプル君のご報告をさせていただきました。

ありがとうございました。

Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.