FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

葛藤を手放す
紅葉の美しい季節になりました。

もうすぐ10月28日です。

10月28日はマヤ歴が終わる日です。

これからアセンションに向かって

葛藤を手放していかねばならない時期です。



先日亡くなったスティーブ・ジョブス氏の言葉


  毎日人生最後の日だと思って生きよう

  いつか本当にそうなる日が来る

  私は毎日鏡の中の自分に問いかけています。

  「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」

  周囲からの期待・プライド・失敗や恥をかくことへの恐怖など

  死に直面すると消え去ります。

  そこに残るものは本当に必要なものだけです。

  死を覚悟して生きていれば

  「何かを失う気がする」という心配をせずに済みます。

  あなたは初めから裸なんです。

  素直に自分の心に従えばいいんですよ。

  ドグマに囚われないでください。

  それは他人の考えに付き合った結果にすぎません。

  他人の雑音に心の声が掻き消されないようにしてください。

  そして最も大事なのは自分の直感に従う勇気を持つことです。

  直観とはあなたの本当に求めることを分かっているものです。

  Stay hungry Stay foolish (ハングリーであれ、バカであれ。)



葛藤を手放し、本当に自分がしたいこと、どうしたいかに集中すればいいんですね。


葛藤を抱えているということは、

他人や物事を裁いたり責めたりしている時

自分や物事や状況は~であるべきとか、~であってはならないと

自分や他人を従わせようと思っているなら葛藤を抱えています。


何かや誰かに義務感があったり、不公平を感じていたり

謙虚さを偽っていたり、秘密を隠すのにエネルギーを使っていたり

こうだったらとか、こうなればと 自問自答していたら葛藤を抱えています。


自分自身こそが自分の存在の原因であり結果である

と 知って

葛藤がもたらすドラマに埋没することを止め

自分が葛藤を必要だと思い込んでいることに気づくことが大切です。
スポンサーサイト




さようなら
   さようなら


そう、 言いたくなった。


私を縛りつけることはやめよう


そう、 思った。


押し付けられ、縛られ、制限され


怖れや不安と戦う世界に居続ける必要はもうない。


今まで慣れ親しんだ世界へのお別れ


自分だと思い込んだ自分へのお別れ



だから、 


  さようなら




世界は全部自分の作品です。

父も母も 私の宇宙に作った人達。



その父が先日

救急車で病院に運ばれました。


重篤な心不全ということで入院生活をしています。


ベッドに横たわり

機械に繋がれ

身体のデータが父の頭上に表示されています。


呼吸数

心拍数

酸素濃度

血圧の値が 休みなく変化して

導尿された体は自由な動きが取れません。



生きること

死ぬこと

プライド

尊厳

私は そんな色んなことを考え 感じ

心の中をさまよっていました。


そして、

自分の中の怖れ不安たち

自分の中のプライドたち

それらの声や言葉たちに囲まれていました。



しばらくして、 フッと我に返った時

私は自分の作った宇宙に

どれほどの怖れで縛りを作っていたのか・・・と、


父に映し出された自分が

気付きを促してきました。


相手も自分

相手の中の自分を見て

苦しくなるのなら

その苦しい自分に気づいて

その苦しい自分を受け止めなさいと・・・・・


そして、声たち、言葉たち、考えたちは

自分のものではないと気づいたのでした。



その時

自分だと思っていた自分が

今まで築き上げた私の世界が

 グニャリ

と 形を歪ませていきました。



あら~!

そうそう、思い出しました。


創造する意識って私なのでした。



あとは、どう創造していくか

自分の中の決意だけです。
Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.