FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

アニマル
オフィスの新メンバー、アザラシ(アラザ君と名づけました)です。
昨日、笠間までドライブに行き、ギャラリーに入りました。
すると、私の目に飛び込んできた子(焼き物)が居ました。
私を待っていた子です。

次いで、つがいのスズメ(メスズちゃんとオスズ君と名づけました)を見つけてしまいました。
あまりにも熱心に私がスズメ達の顔を見比べて、尻尾や背中を眺めているので、店員さんが近づいてきて、「こんな焼き物、かつて無かったですよねー!」と言って、私の迷っている背中を押すのでした。

この子達が私のオフィスに一緒に居てくれると思うと楽しくてしかたがありません。
新たな出会いが人生を豊かにしてくれます。

外を見ると冷たい北風が木の葉を揺らしています。
北風が冷たくて心が温もりを求めている時、この子達の純粋な目は、きっとあなた自身の温かさと優しさを思い出させてくれるかもしれません。

私の知人にアニマルリーディングをなさる方が居ます。その方は「動物達はピュアな心を持っているので、死んだ後に人に取りついたりしない、死後にご主人のことが心配で見守ることはある。」と言っていました。

私達が狐や狸に取りつかれていると思ったとしたら、それは私たちの心の象徴として表現されるものかもしれませんね。
114_1454.jpg

114_1455.jpg

スポンサーサイト




霊的存在
11月に入ると、途端に御歳暮のカタログがあちらこちらから届きます。時はスピードを上げて通過していきます。

トリシアさんのセミナーも[霊的存在との対話]を残すかぎりとなりました。
私たち自身が霊的存在ですから、肉体の無い霊的存在に対しても同じようなセラピーを行うのだと思います。

サイコシンセシスの考えでは、【私は身体を持っています。しかし私は私の身体ではありません。私は欲望を持っています。しかし私は欲望ではありません。私は私の欲望とは異なるものです。私は知性を持っています。しかし私は知性ではありません。それなら私はいったい何物なのでしょうか?私の肉体、感覚、感情、欲望、知性、行動から脱同一化したあと残るものは自己意識の中心です。私は気付きとパワーの中心です。】と、なります。

従来の心理学に霊性(スピリチュアリティ)を加えたものがトランスパーソナル心理学です。霊性は人間本来的に備わった生の意味、目的を求める無意識的欲求やその自覚を言い表す言葉です。
今、終末期医療ではスピリチュアルケアという人生の意味や目的に関わる援助としてのケアをしているということです。

時代は医療機関でもスピリチュアルケアに移行し、スピードを上げて変化をしています。
スローな気分で、時の流れに乗っていこうと思います。
Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.