FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

ヒーリング
昨日は、娘と共にヒーリングを受けてきました。

私の友人は、昭島市でヒーラーとして開業しています。
勝手にヒーラーと言っていますが、彼女にしてみるとセラピストなのかも知れません。

彼女の世界は、信じる信じないの領域を超えて、当たり前に石や木や動物等と会話をしています。彼女を見ていると、心が真実を見る時、私たちは忘れ去った記憶を思い出して、全てのものと繋がり、全てのものと会話が出来るのだということを感じます。

真実を見るということは、当たり前に出来ることなのに、世の中の一般常識が作り出す[こうあるべき]という生き方が見えなくしているのではないでしょうか?

彼女からのヒーリングは、5大天使やアセンデッドマスターのエネルギー伝授でした。彼女の説明では、天使やマスターたちは、呼ばないと来ないのだそうです。人間に介入することを好まないのかも知れませんね。

このような存在と繋がり、助けを求めることで、不足している力を貰い、必要の無くなったエネルギーを解放することが出来るのです。遠慮をする必要がないのです。
でも、世の常識は、与えられたらお返しをしなくてはとか、頂いたら何かを取られるのではなどと、勝手に怖れを抱くことで、それらの恩恵を受け取れなくなっているような気がしました。

さて、皆様はどう思いますか?
スポンサーサイト



Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.