FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

キネシオロジー
  先日5日間、キネシオロジーのセミナーに行ってまいりました。

毎日が晴れのいい日でした。 DSCN0631.jpg

お茶の水オフィスから歩いて6分ほどの所にある、セミナー開催の場所に縁を感じての参加でした。

毎回思うのですが、セミナーに集まる仲間はいつの間にか解け合います。
はじめは異物感的存在なのに、いつの間にかお一人お一人の全体が心地よくフイットしているのです。そして、皆さんと一つになる感覚でまとまっています。

これは、なぜなのでしょうか?

このような精神を扱うセミナーでは、多くのデモンストレーションを行ったり、お互いに施術しあったりするので、自分の心をさらけ出して、それこそ心を裸にします。
心と心が裸になる、裸の付き合いが出来るのですね。

その為に、お互いに自分じゃない自分で格好をつけるなど、取り繕ったりしなくてもいいわけです。ですから、お互いの距離がどんどん縮んでいきます。

距離が縮んでいくと、皆さん味のあるステキな方ばかりです。
幼児のようなかわいい所や賢者のような明晰さ、天使であったり小悪魔であったり・・・沢山の要素が見えてステキです。


  このセミナーの中で、癌は「いい人の病気」と言っていました。
いい人である為に怒りを抑えて病気の原因を作るのです。

最近は癌で亡くなる方が多いですね。
いい人を一生懸命やりながら怒りを溜め込んで鬱になったり、依存傾向になったり、リューマチになったり、挙句に癌になったりするのです。

精神的なセミナーなどで、心を裸にするのもいい健康法になるかもしれませんね。

健康な心は健康な身体を作ります。
適切な場面で適切な感情を表現できなくて停滞して溜め込んだ感情が病気を作ります。

私たちの感情は、感情の種類によって特定された身体のポイントに集まるようです。
そのポイントのエネルギーが過剰になったり不足になったりすることで、身体がバランスを崩して影響が出るのですね。

あらためて、あたり前だと思っている「心と身体が繋がっている」ということの確認をしてまいりました。



スポンサーサイト



Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.