FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

EARTH 
logo.jpg


アース・プロフェッショナル・メンバーの正規会員としてのロゴが送られてきました。


ハンス・テンダム博士は、多次元療法においてヨーロッパでは第一人者です。
アースはオランダに本部を置き、ハンス先生はアースの会長として活躍なさっています。


海外の先生では、トリシア・カエタノ氏とハンス・テンダム博士に直接に手法を学びましたが
間接的には、ローズ先生やワイス博士の手法を学びました。

沢山の学びを踏まえて、これからも流れのままにセラピーをさせていただこうと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト




プロ前世回帰療法士の認定
 
 桜咲く季節、  私事で恐縮ですが、

 この度、ハンス・テンダム博士によるプロの前世回帰療法士の認定の通知がありました。
 
 今までは卒業をしただけの状態でいましたが、認定を受けることができました。
 

 ここまで来るのに約2年かかり、ようやくたどり着いた認定の日となりました。


数々のヒプノの講座を受けてきましたが、ハンス先生のセミナーは課題が多くて困難が伴い、
 
終了時の筆記試験はかなり追い詰められました  

このように何度も途方にくれながらここまで来ました。

過ぎてしまえば良い思い出です。

そんな大変さがあってこそ得られた認定の通知は感無量の思いです。



これからは、ハンス先生の手法を生かしながら、今まで積み上げてきた手法を併せて私なりのセラピーをさせていただこうと思っております。

ハンス先生はEARThの理事長でありIBRT(国際回帰療法委員会)の顧問理事で、質の高いトレーニングをしています。

ハンス先生の手法を学べたことは本当に幸運でした。

私達はハンス先生の日本初の卒業生であり認定を受けたものとして、益々の学びを続けていくことになります。

これからも止まることなく新しい手法を身につけながらセラピストとして進んで行こうと思います。

  今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



自分に戻る
   気が付けば、年が明けてひと月が過ぎようとしています。

この頃は時間が有るようで無いような、そんな気分です。

そして、私達の意識がどんどん変容していくのが分かります。

ですから、この間までは話題に出してはいけないと思われていたことも、
(2012年のこと、UFOのこと、輪廻転生のこと等々)今では堂々と話題に出来る世の中になっています。ステキなことです。

一つには、人の意識が柔軟になったのかもしれませんね。


    また、私達は色々な決め事で身動きが取れなくなっていることに気付き始めています。

制限を作って、その中でしか生きてはいけないと無意識にそう思って生きてきました。

大きな可能性や叡智という私達本来の力を思い出せないようにして生きてきたのです。

でも、だんだんそういう生き方の限界を感じ始め、新たな展開を選択しようとしています。

そして、話題になっている鏡の法則や引き寄せの法則は、私達の力を思い出す方法を説くキーになっているような気がします。

人はみな、本来の自分に戻ろうと思い始めています。

では、本来の自分になるためにはどうしたらいいのでしょう?

それは、思い込みというフィルターをどんどん剥がしていくということです。

そうすると、事実を的確に見ることが出来るようになります。

そして、真実が見えるようになります。

それが本来の自分を取り戻すということになります。                

しかし、私達のエゴちゃんは思い込みを手放すのを怖がっています。  DSCN1002.jpg
  

エゴちゃんに負けずに、恐れず自分に戻っていくことを選択したいものですね。


フローな気分
  予定通り16日に那須塩原オフィスを引き払い、お茶の水オフィスも引き払い、大田原の自宅にオフィスを移転しました。

オフィスと書斎とアトリエが隣り合わせに3部屋あるという、この上ないオアシスが出来上がり、充実感を味わっています。

  DSCN1037.jpg
 


  そんな感覚でいた冬至の晩でした。

私はベッドに入ると即座に寝付いてしまい、パッと目覚めて即座に起き上がれる、寝起きのいいのが自慢?です。

しかし、この晩は違いました。

夜中に頭が痛いなぁ~・・・・、鼻をつく異臭がするなぁ~・・・と思いつつ寝ていました。

どうも気分が悪いし、私は鼻だけはいいので異臭は鼻についてかなり頭に響いていました。それなのになのか、それだからなのか、起きることが出来ない状態なのでした。
  「今日は休日だから・・・・気分が悪いから寝ていようかな・・・。起きられないなぁ~。」

と、突然
ギャーッ!!ギャーッ!!
と、愛猫プル君の鳴きわめく声が・・・・・私の耳元で必死の鳴き声で起こそうとしています。

しぶしぶ起き上がり、プル君に誘導されてフラフラと階下の居間へ・・・

すると、フッと見ると居間のストーブにチロチロとかすかな火が・・・。

ストーブを消したつもりが、完全に消せないで不完全燃焼のまま、一酸化炭素を一晩中吐き出していたのです。

その時、ハッと我に返りました!

慌てて窓やサッシを開け放ち、
二階に寝ている夫の安否が気になって駆け上がりました。 
「生きてるー!!」

幸いに夫は生きていました。 DSCN1049.jpg




   天皇誕生日の休日はこんなアクシデントから始まりました。

頭痛も治まり、気分の悪さも多少軽くなって、ドライブ日和の休日を満喫しようとお出掛けです。

一歩間違えて生きている私達は、死んでいたかもしれない私達のシュミレーションをして車中の会話は盛り上がります。

話はエスカレートして、帰宅したら横たわっている自分達を見て「今日は発見されないね。」なんて言っていたりして・・・などと、リアルな話に成っていました。



   同じ次元で、創造しうる自分の人生が同時に進行していると考えると、どんな人生も在りということになります。

そして、過去・現在・未来も同時にあり、ただ存在しています。

私達のこの第3密度という場では、時間の概念がありますから、なかなかパラレルワールドとか多次元などということは飲み込めませんよね。



   私たちは今回、死ぬ位の経験を経たということに大きな意味を感じています。

人は変わりたいと言っても、なかなか変われないものです。

死ぬくらいの経験をしないと変化は促せないと言います。



ですから、私達夫婦は、この経験で何らかの変化を得ることが出来たのではないかと感じています。

ドライブをしながら、夫と2人で感じた感覚は
   「静かだね。」ということでした。

世界が静かに感じる感覚。

車が浮んで走っているような・・・

音が遠くから聞こえてくるような・・・

風景は金色に輝いて・・・優しくゆっくりと過ぎていきます。

穏やかな心はスローモーションでした。

なぜか荷物を降ろした気分です。

今はいい絵が描けるような

でも、無理に描こうと思わず

あるがままの気分でいたいと

そんな、フローな気分です。

「16歳になったプル君、これからも一緒に生きていこうね。」と、プル君をそっと抱きしめました。
DSCN1043.jpg


   新オフィスで、のんびりと流れのままにセラピーをしております。

   今後とも、どうか宜しくお願いいたします。



オフィス移転のお知らせ
    師走になり、今年も残すところあと半月になりましたね。 DSCN0813.jpg


そんな押し迫った時期に、オフィス移転をすることになりました。

先日、家中の溜め込んだものを整理して、サッパリとした為でしょうか
よく分からないのですが、
那須塩原駅前のオフィスから大田原の自宅に移転をしたくなりました。

思いたったら吉日とばかりに、明日12月16日に移転の運びになりましたことをお知らせいたします



フローライトのフローのごとく、フローの状態なのだと感じております。

これからはこの流れのままに、更に気付きを促す為の学びを続けていきたいと思っております。


来年一月からは、スピリチュアル・リーダーの受講も始まり、多くの学びをしていく所存でおります。


今後とも、フローライトをどうぞよろしくお願いいたします。

118_1824.jpg
Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.