FC2ブログ
  何気なく気付いたこと 面白かったこと 体験談などを気ままに書いていきます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ププの暴動
愛猫ププの暴動が激しく、日々ププから目が離せない状態です。




しかし、彼女は私が居ないと寝てばかりで食事もしていないことが多く、


私の目が届いているときは本領発揮とばかり暴れまくります。





これはどういうことか?と、フッと思いました。





私たちは相手がいて、自分を存在させている

ということを無意識にしているんですね。

相手の「まなざし」が自分を存在させてくれているのです。






ププは私という存在があって、


私に見られていることで構ってもらえるとばかりいたずらをし困らせ、


楽しませ笑わせてくれます。






お互いの「まなざし」で生きていることを知り、


相手だと思っている「まなざし」こそ自分だと理解したとき、


ププの行動は私そのものだとわかりました。





私は相手のまなざしの中で生きていた!ということでした。






そして、夫の「まなざし」の中で生きられた日々に


懐かしさを覚えました。

その、かけがえのない夫の「まなざし」を失った喪失感で、


最近になって空しくてどう生きて良いか分からなくなったことも


理解できました。





夫は過去世で私の兄でした。


多くの兄弟の居るなかで、


私という妹を大切に思い優しくしてくれたのでした。





そして、今世では私だけをずっと見て、


岡山に連れてきて、自由に生きよ!


とばかり私を解き放って去って行ったのです。



夫は、そうすることで私を守り生かすことをやってくれました。



夫を思うと感謝しかなくなっています。


良いことも悪いと思っていることも、



全てが上手くいっているのだと感じるこの頃です。



IMG00616_HDR.jpg

スポンサーサイト

ププの爆発
愛猫ププが我が家に来て一ヶ月近くなり

一人と一匹の生活の日常が少しずつ馴染んでいる

ような気がします

       IMG00459.jpg


目をキラキラ輝かせて

好奇心と興味の塊のププの行動は

私の都合の悪いことばかりで

ここに入ってはダメ

あれをいじってはダメ

噛んではダメ

手を出してはダメ

ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ・・・・・・・・・・・・


人間の都合が

ププにとっては すべての行動を

止められているようなもので


お互いに戸惑うばかりです


こうして ププを観察して思いました


私の小さい頃

ププのように好奇心の塊で

心はキラキラと輝いていて

親の都合の悪いことばかり言ったり

行動したり

親を困らせていたのかもしれない


だから しつけという名のもとに

言動を止められて

自分を失って行ったのかもしれません


私の親も

そして娘達も

同じように こうして

自分を失って行ったのかもしれません


ププは止められても止められても

自分の興味には逆らえず

悪戯しつづけます



カーテンに登り 網戸に登り

ゴミ箱に入り 花瓶に入り

テーブルからカウンターに乗り 

台所の食器や食品を舐めまわしたり

やりたい放題です


私の抑圧したものが爆発して

ププが暴れ回ります


         IMG00453.jpg

新しい家族
9月になり、

もう3日ですね


栃木県に住んでいた時

愛猫を失ってペットロスになった経験から

もう二度と飼わないと思っていましたが

この度

岡山に保護猫愛護会があって

そこからのご縁で可愛い子を迎えることになりました

ププちゃんです

IMG00400.jpg


栃木県で一緒に暮らした子はプル君でした

今度は女の子です

生後2ヶ月になり

とってもお転婆で

元気スイッチが入ると悪魔のように嚙み噛みします

眠くなると天使のように可愛く

甘えん坊になります

IMG00349.jpg


どうぞ宜しくお願い致します

無限の力
最近、よく耳にする

最も古いとされるトルコの12000年前の遺跡

ギョベクリ・テペですが



それよりも前

15000年前に地球に大洪水が起きました




この洪水が人類を変えたと

木内氏の臨死体験の本で語られています



15000年前

巨大彗星が太陽に近づき

氷で出来ていた彗星は

太陽の熱によって一気に蒸発したことで

地球が太陽の軌道に近づいた時

大量の水蒸気は地球の引力に引っ張られて

莫大な雨を地球上に降らせ

大洪水が起こったということです



洪水前の人類は

高度な文明を築いていて

当時の人達は

互いにテレパシーで交信しあっていたので

一つに繋がっていて

争いも無かったそうです



しかし

洪水が起き

わずかな人が生き残り

少ない食料をめぐって

奪い合いが起こりました

その奪い合いから

人間はテレパシーの回路を

閉じてしまったのです

なぜなら

テレパシーで繋がっていると

他人に食料のあるところを

悟られてしまうからでした

自分だけが食料を独り占めしたい

という欲望が人類を変えていったのです


敵対心や懐疑心

闘いへと向かうことになったのです



全てが一つに繋がっていた私達は

個という分離の世界で

相手をつくって戦うことになりました



今 地球環境が悪化し

私達人類の危機が迫っているなか

本来の姿に戻る時がきたのでしょうね



マヤ暦は2012年に終わっていますが

これは人類と人工知能の力関係が

逆転する年の始まりであるとされます

それまでの人類の歴史を終わらせるもの

それが黒曜石です



この黒曜石とは

人工知能が作動する半誘導体チップの材料で

シリコンの純粋な結晶なので

2012年以降

人類はシリコンの時代に入り

人類が主導権を持てた時代は

2012年に終わったとされています




果たして そうでしょうか?

人工知能より叡知に満ちた

人類の無限の力を思い出す時が

来たのだと思います

私達はエゴというもので

本来の自分を見失っていました

しかし

15000年前にテレパシーで交信していた時の

自分を思い出す時が来たのです

エゴの皮を剥がしていくと

そこから見えて来るものは

争いのない平和な世界です



私達は

そこへ戻る役割があるのだと思います


20151112_103015.jpg

孤独
孤独の吐息に飲み込まれ

孤独から逃げ惑い抗う気力も

無くなった時



寂しさという

誰かを求める気持ちから

孤独という

諦めにも似た境地へ向かった



そして


自分だけとの

対話が始まった



孤独ということは



誰にも頼らない生き方

自分への責任

他者から見た自分ではなく

自分を見つめることに

集中する



ここをどう見るか

どう捉えて

どう生きるか

嬉しい楽しい寂しい哀しい

色々な感情を観る


孤独を避けて来たことが

自分を避け

自分に立ち戻れなかった

孤独から生み出す力を

見い出せなかった

そう知った




そして

新たな心の風景を感じる

孤独の崇高さを感じた

恐れていた孤独が

私にとって

一番の恵みだった

と知った
20170627_173743.jpg
Copyright © フローライトのじゆうきまま. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。